ドッグフード紹介

ウェルネスの口コミと評判

更新日:

参考価格
1998円(900g)※Amazon参考
1kgあたりの価格 2220円
生産国 アメリカ
酸化防止剤 ◯(トコフェロールほか)
着色料 ◎(未使用)
穀物 ◯(玄米・米)

ウェルネスとは?

ウェルネスとは、アメリカのウェルペット社から出ているドッグフードです。

このウェルペット社自体はまだ歴史が浅いのですが、ペットフード業界で長い歴史を持つ2つの会社が統合されて誕生したため、十分信頼できる会社と言えます。また、アメリカの有名なペット専門誌で15年連続推奨ドッグフードに選ばれてます。そのような実績があるのも、2社のノウハウがあることだけではなく、良質な素材や消化に配慮したフードであるからです。ペットの健康のために努力を惜しまないことが特徴の会社です。

ウェルネスは種類が多く、犬の好みや年齢、体調でフードを選ぶことができます。良質なタンパク質源や野菜やフルーツなどがバランスが取れていることが健康維持のポイントです。

ウェルネスの参考価格

ウェルネスは、種類が豊富なドッグフードで、ドライタイプとウェットタイプがあります。ドライタイプのウェルネスは、900gが約2000円、1.8kgが約3100円から約3500円です。種類によって若干の価格の差があるようです。

ウェルネスには穀物を使用していないコアというシリーズもあり、900gは約2100円、1.8kgは約4000円で販売されています。

ウェルネスは販売されている店舗が限られています。Amazonジャパン、イオンペットの店頭かオンラインショップのみです。販売店舗が違っていても、価格は同じですが、内容量の取り扱いの違いや、ドライ製品、ウェット製品、トリーツ製品の取り扱いの違いがあります。

ウェルネスの1kgあたりの価格

ウェルネスの1kgあたりの価格は、内容量が900gの場合約2200円、1.8kgは約1700円から約2000円となっています。

ウェルネスコアの1kgあたりの価格は、内容量が900gの場合約2400円、1.8kgは約2200円です。内容量が多いほど1kgあたりの価格が安くなりお得に購入できます。穀物を使用方がそれだけ価格も高くなっていることが分かります。

プレミアムドッグフードは価格が高いものが多いですが、ウェルネスの1kgあたりの価格は標準的と思われます。販売価格は変わりませんが、内容量が多くないので多頭飼育の場合はまとめて購入した方が手間が省けるでしょう。開封前の賞味期限は15か月となっています。

ウェルネスの生産国

ウェルネスの生産国はアメリカです。原材料の細かな産地は記載されていませんが、品質はFDAやAAFCOなどアメリカの基準を満たしたものを使用して作られています。

アメリカはペットフードの基準があり、日本はそれを基にして国内の基準を作製した背景があります。アメリカはそういった点で基準がしっかりとしている言えます。

また、ペットの専門誌としてアメリカで有名なWDJで15年連続で推奨ドッグフードに選ばれています。WDJは非常に厳しい審査をすることで知られていて推奨されることはとても信頼できることなのです。

ウェルネスはアメリカで作られていること、アメリカの審査を通っていること、WDJに選ばれていることなど、など日本にはない高品質のフードと言えます。

ウェルネスの酸化防止剤の使用有無

ウェルネスは合成された酸化防止剤を使用していないドッグフードです。合成酸化防止剤は使用しませんがその代わりに、天然由来の酸化防止剤を使用しています。ミックストコフェロール、ローズマリー抽出物、緑茶抽出物、スペアミント抽出物が使われているのです。

ドッグフードは、脂肪分が時間の経過とともに酸化が始まるので、これらの成分が必要になります。ハーブなど食品として利用できるものから抽出した成分なので合成されたものよりも安全です。

合成された酸化防止剤は、発ガン性などが指摘されていることがありますが、ウェルネスはBHA、BHT、エトキシキンといった合成酸化防止剤は使用しないとガイドしているので安心して与えることができます。

ウェルネスの着色料の使用有無

ウェルネスは、着色料は使用していません。着色料を使用しないとガイドもしています。

犬にとって着色料とはあまり意味のないことなのです。犬は食べられるものを選ぶときはニオイを嗅いで判断しています。犬の目ではドッグフードの色を見分けることはできないのです。

ではなぜ着色料を使用するのかというと、フードを与える人間に向けて使用しているのです。原材料はどんなに品質が良いものを使用しても色にばらつきが出てしまうことがあります。

色がいつもと違うと「不良品ではないか?」と感じてしまうため、着色料を着けて一定の品質に見せているのです。

犬の体質によっては着色料がアレルギーの原因になってしまうこともあります。着色料を使用していないので安心して与えることができます。

ウェルネスの穀物の使用有無

ウェルネスは、穀物を使用しているドッグフードです。使用しているのは、玄米と白米です。この2つを使用するのは、ビタミンBやミネラルが豊富だからです。小麦、とうもろこし、大豆といったアレルギーの原因となりやすいものは使用せず、栄養価の高い穀物を使用している特徴があります。

穀物が原因のアレルギーを持つ場合や、穀物が使われているドッグフードが苦手な犬もいます。そんな犬のために、グレインフリーのコアというシリーズも販売されています。

このタイプは、小麦、とうもろこし、大豆、玄米、白米などの穀物を使用していません。肉食である犬のことを考えて作られています。

ウェルネスは穀物の栄養や、アレルギーに対応したフードが揃っています。

ウェルネスの成分と原材料

ウェルネスの成分を見ると、オメガ3脂肪酸とオメガ6脂肪酸が含まれていることが分かります。この2つの成分は片方だけあればいいのではなく、バランスが大切な成分です。

割合ははっきりとしていませんが、一般的なドッグフードではオメガ6脂肪酸に偏っているとされています。この脂肪酸は皮膚や被毛の健康に役立ちます。

原材料は動物性タンパク質が豊富に使われている他に、乳酸菌や食物繊維を含んでいるので、消化が良いことが分かります。

特に乳酸菌はそれだけを摂取するよりも、食物繊維など乳酸菌のエサとなるものと一緒に摂取した方が良いといわれています。

ウェルネスは、栄養や原材料などバランスよく配合してるドッグフードなのです。

ウェルネスの口コミ/評判

ウェルネスの口コミや評判は高評価が多いことが特徴です。口コミで多いものは「食いつきが良い」というものです。犬はフードが変わると警戒してたべなくなってしまうことがあるのですが、そういったこともなく食べているという感想がありました。

また、好き嫌いが多い犬でも気にすることなく食べてくれたという意見がありました。使用しているタンパク質源が高品質であることと嗜好性が高いものにしていることも影響していると考えられます。

高評価の内容がとても多いのですが、価格が高いという意見も多いです。プレミアムドッグフードでは標準的な価格ですが、続けて与えることを考えると費用の面で心配という声があります。販売店舗も限られているので、安く購入するのは難しそうです。

まとめ

ウェルネスは成分や原材料を見ると、とてもバランスが取れたドッグフードだといえます。味の種類によって使用される動物性タンパク質は違いますが、野菜や果物など栄養のバランスがとれるように配合されています。

乳酸菌と食物繊維などお腹の健康を考えた成分が配合されているのも特徴です。穀物はビタミンやミネラル源としてしようしていますが、穀物不使用の製品もあるので安心です。食いつきが良いことなど、高評価なのですが価格が高いことが問題となっているようです。

ですが、合成酸化防止剤や着色料など、健康にプラスにならない成分を排除し、代わりに自然由来のものを使用するなど、品質については十分考えられた安心安全なドッグフードです。

ドッグフード人気ランキング

モグワンドッグフード

「愛犬のために本当はフードを手作りしてあげたいけど時間的に難しい!」 「ドライフードは添加物が心配だけど手作り食は栄養バランスが気になる!」
そんな飼い主様の希望を叶えるフードを作りたい!という思いのもと、イギリスの生産現場にも何度も足を運び 2年もの歳月をかけて開発されたオリジナルドッグフードです。
手作り食の安心感・美味しさはそのままに、人間も食べられるほど上質で新鮮な食材を使用して作った栄養たっぷりのプレミアムフードです。
皆さまの愛する我が子のために、そして我が子を思う飼い主様の想いのために、レシピから作り上げたこだわりのスペシャルフードを是非ご紹介ください。

アランズ ナチュラルドッグフード

100%天然素材のみを厳選して作ったこだわりのプレミアムドッグフードが、ついに日本上陸!「わが子のように大切な愛犬に本当に良いフードを食べさせてあげたい」という愛犬家の皆様の間で人気急上昇中の注目のドッグフードです。アランズ ナチュラルドッグフードは、 ペット先進国イギリスで作られたこだわりの高品質フードです。 日本では、このサイトでしか手に入りません!

カナガンドッグフード

世界中の愛犬家に愛される『カナガン』が日本初登場! カナガンペットフードを購入できるのは、この通販サイトのみ。ペットショップやホームセンターでは販売しておりません。 これまでカナガンは、愛犬家に口コミで広がってきました。ネット内には「美味しい」「無添加」「アレルギー対策にいい」という声が多いようです。

人気の記事

1

専門家の評価基準 ブラック 最高品質の完璧なドッグフード。「栄養バランス」「コストパフォーマンス」「愛犬家からの口コミ・評判」のレベルが高レベルでバランスしている。 プラチナ かなり優良なドッグフード ...

2

【質問】 うちの柴犬のことなんですが、主人がおやつを好きなだけあげてしまうので、ブクブク太ってしまいました。そろそろダイエットをさせなきゃって思ってます。犬は運動だけじゃ痩せないって聞いたので、ドッグ ...

3

国産ドッグフードのメーカーは? 国産ドッグフードのメーカーでもっとも古い企業はビタワンで有名な日本ペットフードです。1960年に初めて国産ドッグフードを製品化した企業です。 当時は犬の餌といえば飼い主 ...

-ドッグフード紹介

Copyright© 解決!ドッグフード博士 , 2017 All Rights Reserved.